2007年07月08日

アンパンマン映画/やなせたかし

アンパンマン映画/やなせたかしは2007年で9作品目になります!
アンパンマンは、すごいロングヒット作ですね〜。
『それいけ!アンパンマン』のアンパンマン役の声は、
戸田恵子です。

私はドラマ「ショムニ」で戸田恵子を知ったのですが、
彼女は声優としては、いろんな主役を演じているんですよね〜。

『ゲゲゲの鬼太郎(3作目)』の鬼太郎や、
『きかんしゃトーマス』のトーマス、
『キャッツ・アイ』の来生瞳などなど。


cover
「劇場版それいけ!アンパンマン ルビーの願い 」



映画「アンパンマン」のメイン作品

それいけ! アンパンマン キラキラ星の涙(1989年製作、監督:永丘昭典、脚本:翁妙子)

それいけ! アンパンマン ばいきんまんの逆襲(1990年製作、監督:永丘昭典、脚本:武上純希)

それいけ! アンパンマン とべ! とべ! ちびごん(1991年製作、監督:永丘昭典、脚本:島田満)

それいけ! アンパンマン つみき城のひみつ(1992年製作、監督:永丘昭典、脚本:翁妙子)

それいけ! アンパンマン 恐竜ノッシーの大冒険(1993年製作、監督:永丘昭典、脚本:岸間信明)

それいけ! アンパンマン リリカル☆マジカルまほうの学校(1994年製作、監督:永丘昭典、脚本:翁妙子)

それいけ! アンパンマン ゆうれい船をやっつけろ!!(1995年製作、監督:矢野博之、脚本:翁妙子)

それいけ! アンパンマン 空とぶ絵本とガラスの靴(1996年製作、監督:永丘昭典、脚本:米村正二、ゲスト声優:吉野公佳)

それいけ! アンパンマン 虹のピラミッド(1997年製作、監督:大賀俊二、脚本:米村正二、ゲスト声優:松本伊代、福澤朗、魚住りえ、山
岡三子)

それいけ! アンパンマン てのひらを太陽に(1998年製作、監督:永丘昭典、脚本:藤田伸三、ゲスト声優:菊池桃子、福澤朗)

それいけ! アンパンマン 勇気の花がひらくとき(1999年製作、監督:篠原俊哉、脚本:米村正二、ゲスト声優:雛形あきこ、藤井恒久、日テレジェニック'99)

それいけ! アンパンマン 人魚姫のなみだ(2000年製作、監督:永丘昭典、脚本:金春智子、ゲスト声優:南果歩、中山秀征、藤井恒久、日テレジェニック2000)

それいけ! アンパンマン ゴミラの星(2001年製作、監督:大賀俊二、脚本:米村正二、ゲスト声優:酒井法子、藤井恒久、日テレジェニック2001)

それいけ! アンパンマン ロールとローラ うきぐも城のひみつ(2002年製作、監督:大賀俊二、脚本:米村正二、ゲスト声優:黒木瞳)

それいけ! アンパンマン ルビーの願い(2003年製作、監督:矢野博之、脚本:金春智子、ゲスト声優:工藤静香)

それいけ! アンパンマン 夢猫の国のニャニイ(2004年製作、監督:矢野博之、脚本:金春智子、ゲスト声優:西村知美・西尾拓美夫妻)

それいけ! アンパンマン ハピーの大冒険(2005年製作、監督:矢野博之、脚本:米村正二、ゲスト声優:ともさかりえ)

それいけ! アンパンマン いのちの星のドーリィ(2006年製作、監督:矢野博之、脚本:金春智子、ゲスト声優:安達祐実)

それいけ! アンパンマン シャボン玉のプルン(2007年製作、監督:矢野博之、脚本:金春智子、ゲスト声優:水野真紀)

それいけ! アンパンマン おむすびまん(1990年製作、監督:大賀俊二、脚本:翁妙子)

それいけ! アンパンマン ドキンちゃんのドキドキカレンダー(1991年製作、監督:永丘昭典、脚本:翁妙子)

それいけ! アンパンマン アンパンマンとゆかいな仲間たち(1992年製作、監督:大賀俊二、脚本:武上純希・翁妙子)
かいけつゾロリ(1993年製作)

それいけ! アンパンマン みんな集まれ! アンパンマンワールド(1994年製作、監督:篠原俊哉・ 大賀俊二、脚本:中村修・日吉恵)

それいけ! アンパンマン アンパンマンとハッピーおたんじょう日(1995年製作、監督:大賀俊二、脚本:日吉恵)
それいけ! アンパンマン ばいきんまんと3ばいパンチ(1996年製作、監督:大賀俊二、脚本:日吉恵、ゲスト声優:福留功男、橋本大二郎)

それいけ! アンパンマン ぼくらはヒーロー(1997年製作、監督:阿部司、脚本:岸間信明)

それいけ! アンパンマン アンパンマンとおかしな仲間(1998年製作、監督:大賀俊二、脚本:日吉恵・米村正二、ゲスト声優:山田まりや)

それいけ! アンパンマン アンパンマンとたのしい仲間たち(1999年製作、監督:矢野博之・ 阿部司、脚本:金春智子・日吉恵、ゲスト声優:稲川淳二、藤井恒久)

それいけ! アンパンマン やきそばパンマンとブラックサボテンマン(2000年製作、監督:大賀俊二、脚本:菅良幸)

それいけ! アンパンマン 怪傑ナガネギマンとやきそばパンマン(2001年製作、監督:大賀俊二、脚本:菅良幸)

それいけ! アンパンマン 鉄火のマキちゃんと金のかまめしどん(2002年製作、監督:大賀俊二、脚本:日吉恵、ゲスト声優:小池栄子、藤井恒久)

それいけ! アンパンマン 怪傑ナガネギマンとドレミ姫(2003年製作、監督:篠原俊哉、脚本:菅良幸、ゲスト声優:香坂みゆき、藤井恒久)

それいけ! アンパンマン つきことしらたま〜ときめきダンシング〜(2004年製作、監督:日巻裕二、脚本:米村正二、ゲスト声優:石黒彩、藤井恒久)

それいけ! アンパンマン くろゆき姫とモテモテばいきんまん(2005年製作、監督:難波日登志、脚本:金春智子、ゲスト声優:愛華みれ、藤井恒久)

それいけ! アンパンマン コキンちゃんとあおいなみだ(2006年製作、監督:日巻裕二、脚本:菅良幸、ゲスト声優:乙葉、藤井恒久)

それいけ! アンパンマン ホラーマンとホラ・ホラコ(2007年製作、監督:日巻裕二、脚本:菅良幸、ゲスト声優:榎本加奈子、藤井恒久)


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「アンパンマン/水野真紀」のトップページに戻る
posted by アンパンマン at 00:00 | アンパンマン/やなせたかし

2007年07月07日

アンパンマン/やなせたかし

アンパンマン/やなせたかしは、1973年に始まったコミックです。
アンパンマンには、ばいきんマンやカレーパンマン、フォキンちゃん、ジャムおじさん、バタコさんなど、たくさんのキャラクターが登場しますが、なんと1500種類ものキャラクターがいるそうですよ!(びっくり)

我が家には、アンパンマンカルタがありますが(笑)、
いろんなキャラクターが1枚1枚に載っていますからね。

え〜、こんなのいたの?っていう、
たこやきマンとか、てんどんマンとか(爆)。


cover
「アンパンマン」(やなせたかし)


アンパンマンは、
自分の顔であるアンパンを、困っている人に食べさせてあげるんですよね。

自分の顔がなくなっちゃうのに、
あげちゃう!

まあ、ジャムおじさんという、
絶対的に守って助けてくれる母親的存在がいるからこその強さではあると思うけれど。

でも、
自分の体を他人にあげちゃう、「幸福の王子」のようなキャラクターって、
少ないですよね。


原作者のやなせたかしが、アンパンマンを生み出した背景には、
やなせたかしがすごした時代、
戦中・戦後の深刻な食糧事情があったそうです。

当時彼は、
空腹を抱えながら「食べ物が向こうからやって来たらいいのに」と思っていたといいます。

この自らの飢えの体験から、
「困っている人に食べ物を届けるヒーロー」という着想が生まれたそうです。


でも、アンパンマンは、
”食べ物を届ける人”じゃないんですよね。

”自分の体をけずって、人に差し出す人”なんですよね。


やなせたかしの哲学は、

『ほんとうの正義というものは、
けっしてかっこうのいいものではないし、
そしてそのためにかならず自分も深く傷つくものです』

というものだそうです。


この、自分が傷ついても、
人を助けるという愛と勇気が、
国民的ヒーローになった理由なんでしょうね。


「アンパンマン/水野真紀」のトップページに戻る
posted by アンパンマン at 00:00 | アンパンマン/やなせたかし

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。